盗難に合わないためにも鍵トラブルは早めに対処しよう

専門家に依頼

ウーマンたち

道具と時間が必要

建屋に長く住んでいると、あちこちが徐々に傷んでくることは仕方がないことであり、都度対応が必要になります。一般的に、外壁、屋根は10年をめどに補修をすることが推奨されていますが、水周りについても10年程度で不具合が出てくる場合があります。これは環境にも左右されますが、湿気の多い場所の場合、金属部分の劣化が進み、さびによる腐食が発生する場合があります。その結果、ドアが開きにくくなったり、一度閉めると開きにくくなるなどの現象がみられるようになってくるのです。こうなると、いわゆる「閉じ込め」が発生するなど、安心して生活を送ることができなくなることから、ドアノブ修理が必要になってくるのです。ドアノブ修理については、部品が適合するようであれば、自分で修理することも可能な作業ではあります。しかしながら、現在設置しているドアノブがさびで固着している場合や、固定しているネジ自体が固着している場合は、特別な用具がなければ取り外しができないのです。こういったことは、風呂場のドアなどの水をよく使用している湿気の多い場所のドアで発生することがあり、解決するためには、ドアノブ修理専門業者に相談するのが確実です。ドアノブ修理業者は、さまざまな場面を経験していることから、必要な道具を取り揃えていることはもちろん、場合によってはドア交換も含めて適切な対応を提案することができます。そのため、ドアノブ交換に困った時には、無理をせずに早めに現場確認を依頼して相談することが大切です。